はじめに

隠岐には島がたくさんあるんです。島根県から北におよそ60km、日本海に浮かぶ隠岐諸島。本州からフェリーなら約3時間、高速船なら約2時間かかる隠岐には、大小180以上もの島があり、人が住んでいる島は隠岐の島町、西ノ島町、海士町、知夫村あわせて4島あります。意外に大きい?歩いては一周できません。その中で海士町は3番目に大きい島で、人口が約2400人。周囲は89km程の島で、島をぐるっと車で走るだけなら、約2時間もあれば一周できる大きさです。自然豊かな島です。隠岐は地域全体が国立公園に指定されるほど自然豊かな地域で、2009年には隠岐の地質遺産が「日本ジオパーク」として、島根県で初めて認定をされました。その中でも海士町は、名水百選にも選ばれた湧水に恵まれ、半農半漁の島として、豊かな資源に恵まれてきた島です。隠岐が遠流の地と定められた時代より、この海士町でも多くの政治犯や貴族の方を受け入れてきました。中でも鎌倉時代に承久の乱に敗れた後鳥羽上皇は、この海士町で、19年間お過ごしになり、多くの和歌をお詠みになられました。

歌聖とも呼ばれる上皇を慕って、加藤楸邨をはじめ多くの俳人がここ海士町を訪れています。また、神楽や民謡などの伝統芸能だけでなく、独特の島料理や、地区毎に大切にされているお祭りなど、島ならではの文化も今なお、大切に受け継がれています。最近、とっても注目されています。近年は行財政改革や、特産品開発、高校の魅力化プロジェクトなど、海士町独自の取り組みが全国から注目を集め、ここ5年間で202名もの方が島外から移住しています。