これで解決!隠岐・海士のわからない!Q&A

海士町ってなんて読むの? 「あまちょう」って聞いたことあるけど、一体どこ?隠岐島って何県?

 都会の人からよく聞かれます。

すごく綺麗な景色の島なんでしょ?次の休みで隠岐に行ってみたいな!

 そんな声もよく聞きます。

 …なのに…いざ行こうと思って調べ始めたら…

隠岐への旅行はわからないことだらけ!!

どうやって行くの!? フェリーの種類多すぎない!? 店ってあるの!?

 初めての隠岐は、難易度が高い。

 そんな 「隠岐・海士町に行ってみたいけど、全然よくわからない!教えて!」 という 今までに寄せられた「よくわからない!」ポイントに Q&A方式でお答えします! これであなたの隠岐旅行も安心?!


Q1、隠岐って1つの島なんでしょ?

 いえ、実は大小180の島々の集まりを「隠岐諸島」といいます。その中で観光していただけるのは、人が住んでいるたった4つの有人島「隠岐の島町、西ノ島、中ノ島(海士町)、知夫里島」です。

 隠岐の島は島後(どうご)、その他3つは島前(どうぜん)とグループ分けがされています。

Q2、1回の旅行で4島周れるの?

 はい!かなり忙しい旅程にはなりますが、最短で3泊あれば可能です!ひとつひとつをじっくり見ようと思ったら1週間程必要です。隠岐の島(島後)とその他3つ(島前)の距離が離れているので、隠岐の島と島前1島、もしくは島前のみなら2、3泊で周ることが可能です。

Q3、結局、海士町にはどうやっていくの?

 まずは鳥取県の米子を目指してください!隠岐は島根県ですが、最寄りの都市は米子になります。米子からフェリーターミナルへ移動しますが、港は2箇所。乗船するフェリーによって異なります。鳥取県の境港(さかいみなと)と、島根県の七類港(しちるいこう)があり、この2つは距離的にはそれほど離れていません。ちょうど島根と鳥取の県境が隠岐への出発地点なのです。

 海士へ来る方法は大きく分けて3つ
1      飛行機・夜行バス・新幹線(米子着)ー電車orバス(七類港or境港着)ーフェリー
2      飛行機(隠岐空港着)―フェリー
3      新幹線(岡山着)―特急やくも(米子着)―バス(七類港or境港着)ーフェリー


  基本的にはフェリーの時間帯に合わせて乗る電車やバスを選ぶのが一番スケジュールが組みやすいです。

Q4、島と港の名前が違って、どこへ行くのかわからない!

 島は4つですが、港は5つあります。西ノ島には港が2つあり、港間は車で10分程。バスも運行しています(30分)

隠岐の島西郷港(さいごう こう)
西ノ島別府港(べっぷ こう)
浦郷港(うらごう こう)
中ノ島(海士町)菱浦港(ひしうら こう)
知夫里島来居港(くりい こう)

 海士町へお越しの際は、菱浦港行きのフェリーや内航船に乗ります。ちょうどいい船がない時には、西ノ島(別府港)で内航船に乗り換えるという裏技もありますよ!

Q5、フェリーの種類が多すぎてわからない!

 隠岐を航行する船にはまず大きく分けて2種類。本土と各島を行き来する大きな船と、島前3島のみを周る小さな内航船です。どちらも時期や時間によって行き先が変わります。

本土ー隠岐4島フェリーおき車両積載可隠岐汽船(株)
フェリーしらしま車両積載可隠岐汽船(株)
フェリーくにが車両積載可隠岐汽船(株)
高速船レインボージェット車両積載不可隠岐汽船(株)
内航船いそかぜ車両積載不可隠岐観光(株)
フェリーどうぜん車両積載可隠岐観光(株)

Q6、内航船の2つの違いと乗り方は?

 内航船は、海士町、西ノ島、知夫里島の島前3島を行き来する小さな船。島民は本土でいう、電車やバスのような感覚で利用し、生活の一部となっています。
「内航船いそかぜ」は人のみ、「フェリーどうぜん」は車両積み込みが可能です。どちらも予約は不要で、車を載せる場合は、乗口のすぐ横にある隠岐観光の窓口に出発の15分程前にお申し出ください。人だけ乗る場合は、窓口でチケットを買うか、船が出発してから巡回の船員に300円をお支払いください。

 海士町だけでも、フェリー、高速船、いそかぜとどうぜん、そして海中展望船あまんぼう等、たくさんの船に乗る機会があります。離島ならではの船とは切っても切れない繋がりをぜひ体験してみてくださいね。

Q7、海士町にスーパーやコンビニってあるの?

 海士町では、昔ながらの個人の「商店」で買い物をします。朝9時頃から早い所では18時ごろまでの営業。必要なものは前もってお買い求めください。コンビニやカフェのない生活は一見不便に感じますが、商店のおばちゃんやおじちゃんと会話をしながら夕飯を決めたり、売っていないものはあるもので代用したりして、工夫しながら暮らす風土を大切にしています。

Q8、ご飯を食べるお店ってすぐにあるよね?

 港周辺には徒歩15分圏内でジャンルの異なる飲食店がいくつかございます。お魚に隠岐牛、イタリアンまで!島を味わってくださいね!曜日や時間、季節によっては空いていない日もありますので、必ず事前にご予約いただくことをおすすめします!

 飲食店情報はこちらから

Q9、おすすめの観光地は?

 有名なのは隠岐神社・明屋海岸のハート岩・金光寺山からの眺め・天川の水・宇受賀命神社など。アクティビティでは海中展望船あまんぼう・あまんぼうナイトクルーズぐるっと海士ツアー隠岐神社の夜参りと夜祈願・カヤックなどなど。1日で周ることが可能です。「え、2泊3日で行こうと思ってたのに…」というあなた、海士町は観光名所だけがおすすめではないんです!実は海士町には「The観光地!」と言われる場所は少数です。観光はもちろんですが、それ以外に島民の生活に根付いている文化や施設を見ていただきたいです!例えば、とってもおしゃれなセルフカフェのある図書館、夕方ごろ港で釣りをしている方たちとの交流、商店ごとの違いやお店の方との会話、庭先や田んぼで農作業をする風景、港で出向する船を見送る人たちの後ろ姿や、友だち家族との久しぶりの再開を喜ぶ姿。島民にとっての当たり前を、ぜひ感じていただけたら海士町の良さをもっと理解していただけるはずです。どうぞ島民になった気持ちでご旅行中は過ごしてみてください。そして目には見えないたくさんの繋がりを作って帰ってくださいね。

 隠岐のわからない!があればぜひご連絡くださいね。こちらのQ&Aも随時更新していきます!