AMANA-島根県海士町の情報サイト

AMANA-島根県海士町の情報サイト ホーム 行き方
はじめての方へ 海士町早わかり
はじめに

隠岐には島がたくさんあるんです。

島根県から北におよそ60km、日本海に浮かぶ隠岐諸島。
本州からフェリーなら約3時間、高速船なら約2時間かかる隠岐には、大小180以上もの島があり、人が住んでいる島は隠岐の島町、西ノ島町、海士町、知夫村あわせて4島あります。

意外に大きい?歩いては一周できません。

その中で海士町は3番目に大きい島で、人口が約2400人。
周囲は89km程の島で、島をぐるっと車で走るだけなら、約2時間もあれば一周できる大きさです。

自然豊かな島です。

隠岐は地域全体が国立公園に指定されるほど自然豊かな地域で、2009年には隠岐の地質遺産が「日本ジオパーク」として、島根県で初めて認定をされました。
その中でも海士町は、名水百選にも選ばれた湧水に恵まれ、半農半漁の島として、豊かな資源に恵まれてきた島です。

歴史深い島です。

隠岐が遠流の地と定められた時代より、この海士町でも多くの政治犯や貴族の方を受け入れてきました。
中でも鎌倉時代に承久の乱に敗れた後鳥羽上皇は、この海士町で、19年間お過ごしになり、多くの和歌をお詠みになられました。
歌聖とも呼ばれる上皇を慕って、加藤楸邨をはじめ多くの俳人がここ海士町を訪れています。
また、神楽や民謡などの伝統芸能だけでなく、独特の島料理や、地区毎に大切にされているお祭りなど、島ならではの文化も今なお、大切に受け継がれています。

最近、とっても注目されています。

近年は行財政改革や、特産品開発、高校の魅力化プロジェクトなど、海士町独自の取り組みが全国から注目を集め、ここ5年間で202名もの方が島外から移住しています。


キンニャモニャ

ちょっと変な名前の、海士町を代表する文化。

キンニャモニャ

まずは、海士といった「キンニャモニャ」港の名前も「キンニャモニャセンター」
島で一番大きなお祭りも「キンニャモニャ祭り」

これ、実は海士町で最も親しまれている民謡の「キンニャモニャ節」のこと。
日本の各地から北前船で伝わった、という説や、
キン(金)もニャ(女)も大好きで、モニャ(文無し)な
キンニャモニャ爺さんこと杉山松太郎爺さんが歌った民謡、という説など
様々な説が言い継がれています。

しゃもじを両手にもって子どもから大人まで踊れるこのキンニャモニャ。
島の宴会の席では必須の民謡です。

ここ海士町ではキンニャモニャの他にも多くの民謡が、
島民から愛され、様々なお祭りでは、若者も歌って踊っています。
その他にも隠岐島前神楽など、独自の島の文化を大切に育んでいる島です。

後鳥羽天皇

島では、今でも親しみをこめて「ごとばんさん」と呼ばれています。

隠岐神社

今でこそ多くの移住者が集まるこの島の、
最も有名な移住者は第82代天皇である後鳥羽天皇です。
4歳でこの国のトップにたった後鳥羽上皇は、
41歳でこの島に来られてから、崩御されるまでの19年間を過ごされました。
後鳥羽天皇だけでなく、さらに歴史を遡れば小野小町の祖父にあたる小野篁など
多くの都人が過ごされたこの島には、彼らが残した文化や史跡、
そして和歌が数多く残っています。

この小さな島に存在する16もの神社は、遥か昔から、
当時の朝廷が、この島をどれだけ大切にしていたかがうかがえる
そんな、大切な場所となっています。

水

島なのに豊富な湧水があること。それがこの島の豊かさです。

天川の水

名水百選「天川の水」

この水は1日に400トンものを水量をほこり、
この島に水と、お米・お酒を与えてくれました。
これまでにもほとんど枯れたことのない湧水は、
半農半漁を可能とさせ、この島の豊かな食文化を創り出しています。

水が湧き、食に恵まれ、自然が残るこの島では、
ゆっくりと深呼吸をするだけで。ゆっくりと朝歩くだけで。
ゆっくりと島じかんでいることで。
何かが満たされるような、そんな気がしています。

サザエ

「島の幸」は「島の幸せ」を意味します。

サザエ

春には岩がき。夏にはサザエ。秋には白イカ。冬にはナマコ。
さらに隠岐牛、メカブ、アワビにウニ。

本当においしいものは、おいしい時期に食べるのが一番。
島にいると「旬」という贅沢を味わえます。

おススメしたい食べ方は山ほどあるけれど、
あえてのおススメは海士人とのバーベキュー。
自分で釣った魚を、島のこじょうゆ味噌で食べて、
島のお酒を島びとと飲む。
これが一番の贅沢だと、移住した人間の一人としては思っています。

三郎岩

まるで外国のような、島国の風景。

三郎岩

日本の美しさをヨーロッパに伝えた明治の作家「小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)」は、
海士町の玄関口、菱浦港を愛しその魅力を著書で記しています。
内湾の穏やかな風景と、激しい日本海が創り出した奇岩ときりたったような地形。
そのコントラストがこの島の風景を創り出しています。

船から自然を楽しむもよし。自転車で海岸線を走るもよし。
朝・昼・夕と時間によっても表情をかえるこの島の風景を、
少しでも多く見てみたい、と今でも思っています。

海士町は2009年「日本で最も美しい村」の1つに選ばれました。