リネン工場とは

海士町のものは海士町で、ひとつひとつ人の手で

島ファクトリー(株)によって運営されているリネン工場です。島ファクトリーは海士町の宿泊施設の清掃、バックヤード業務、寝具のクリーニングなどを代行しており、島中から集められたシーツやタオルなどをまとめて大型洗濯機や乾燥機などで綺麗にしています。隠岐唯一の温泉があるマリンポートホテルやビジネス向け宿泊施設B&Bあとど島宿などのシーツやタオルを綺麗にし、海士町に宿泊に来た方々に快適な睡眠を提供しています。宿泊施設の裏方だけではなく、海士町の観光業の一部としてなくてはならない役割を果たしています。

そもそもリネンとは?

リネン(Linen:英)は「麻、亜麻」を意味する言葉です。もともとは病院で使用されるベッドのシーツが麻製だったことからシーツ全般を「リネン」と言われていました。転じて現在ではホテルで使用されるシーツ、タオルなどをまとめてリネンと呼ばれるようになりました。

リネン工場で「働く」

1.リネンを広げ、分別する

各宿泊施設から回収したリネンを広げて、シーツやタオルなどを種類分けします。

2.洗濯機で洗う

種類ごとに分けたリネンを洗濯機に入れて洗います。リネンの種類によって洗剤を変えています。

3.乾燥させる

洗濯が済んだリネンを乾燥機にかけます。タオルはふっかりほかほかになって帰ってきます。

4.シーツや浴衣はシワを伸ばす

シーツや浴衣などを大きなアイロンでシワを伸ばします。シワがあると観光サービスの質を大きく下げてしまうため細部にまで目を配ります。

5.リネンを畳む

シワを伸ばしたリネンを均一に、シワなく畳みます。観光サービスの質に直結する工程ですので厳しくチェックしシワのあるものは弾きます。

6.機械で梱包する

畳んだリネンを一定の個数でまとめ、機械で縛ります。ここまで行いやっとリネンの洗浄が完了します。

7.納品する

リネンを回収した宿泊施設に洗浄を終えたものを届けます。海士町の観光に携わる方との距離を縮めることが出来る大事な時間です。

リネン工場と海士町

1 観光のバックヤードのクオリティを高めることで海士町全体の観光の魅力を高める

2 海士町内にリネン工場を作ることで、海士町内で外貨を循環させ、雇用も創出する

リネンサプライは決して目に見えない仕事、簡単な仕事ではありません。海士町の観光業の縁の下の力持ちであり、リネンサプライの質が海士町の観光の質に直結します。

以前まで海士町ではリネンサプライを本土の企業に委託していました。しかしそれではせっかく観光で外貨を獲得できたにもかかわらず、得られた外貨の一部が本土へ流出してしまいます。また委託することはリネンというお客様と直接触れるサービスの質さえも外部に委託することも同時に意味します。

そこで海士町内に海士町のリネンサプライを一括して請け負う工場を作ることで、海士町内でお金が循環し雇用創出につながるとともに、海士町内の観光がより便利に、より魅力的なものになることを目指しています。リネン工場の品質が向上することで海士町全体の観光の質が向上し、海士町の観光がより魅力的なものとなります。そのため海士町のリネン工場は決して目に見えない単純な仕事ではなく、観光業を支える存在として一つ一つの工程を大事にしながら日々洗浄業務に取り組んでいます。

リネン工場から

リネン工場長 本田大善さん

「リネンサプライのクリーニング作業は過酷です。夏は40℃を超えるサウナのような室内で、シーツや浴衣、タオルをたたみます。ひたすら単純な肉体労働です。ですが、それこそが島の観光を支えています。リネンサプライは観光のインフラと言えます。体験、体感することで、観光はもちろん、社会を新しい角度から見ることが出来るようになると思います。一緒に汗をかきましょう。」

リネンの提供先

一つ一つ手作業で仕上げた海士町のリネンに触れられる宿泊施設を紹介します。

離島ワーホリ参加者の声

離島ワーホリの参加者からのリネン工場に関する感想をいくつか紹介します。

「私は離島ワーホリでB&Bあとどで働いていました。そこではベッドメイクも行うのですが、リネン工場から送られてきたシーツを手順通り広げるとシワがつかずに、そして左右均等にシーツを敷くことが出来ます。シーツの折り方一つから工夫されていて宿泊された方に満足してもらうための心遣いと清掃へのこだわりが感じられました。」(2019年9月参加・B&Bあとど勤務)

「一つ一つは単純な作業ですが、少しでも気を抜くと途端に品質が下がってしまうため緊張感を持って取り組むことができました。これまで観光というと表面の綺麗な部分ばかり考えていましたが、リネン工場で働くことで裏方の仕事も観光の一部なんだと考えを改めることが出来ました。単純作業で退屈かと思われるかもしれませんが、観光の一部として誇りをもって働けたので充実感を持って働くことが出来ました。」(2019年9月参加・リネン工場/海士町観光協会勤務)

基本情報

住所:島根県隠岐郡海士町大路海士992-1