お知らせ
2014.10.10
第3回島会議「島の教育会議」 12.13(土)・開催

第3回島会議「島の教育会議」

webƒƒCƒ“

第3回島会議 「島の教育会議」

主催:海士町観光協会
協力:島根県立隠岐島前高等学校、財団法人島前ふるさと魅力化財団
※本イベントは元々10月12日(日)に開催を予定しておりましたが、台風接近のため延期して開催するものです。

かつて廃校寸前だった離島の高校が、今では日本中から生徒が集まり、 海外からも入学希望者が来る学校に変わりました。 進学に不利と言われる小規模校にも関わらず、難関大学へ進学する生徒も増えています。教育関係者だけでなく、企業の経営者、日本の大臣、 外国大使、ハーバード大学の学生など視察や訪問が絶えない学校がここにあります。島全体を学びのフィールドにした、地域と共に創る教育、 地域をつくる教育が始まっています。
この島の学校で何が行われているのか。なぜ全国から高校生が集まるのか。そして島の教育は何を目指して、どんな挑戦を更に仕掛けていくのか。 生徒の声を聴き、現場の取り組みから学ぶだけでなく、全国各地からご参加いただく方々と共に、世界に通ずる未来の教育をこの場から創っていきます。 今までの教育を越えていこうとする挑戦者の皆さま、ご参集ください。

【日時・会場】

平成26年12月13日(土) 14:00〜18:00 シンポジウム / 19:00〜21:00 交流会

会場:海士町中央公民館 島民ホール

【料金】

3,000円(交流会参加者は別途5,000円)

※当日午前中に町内ツアーにご参加される方はツアー代3,000円が別途発生します。

【プログラム】

14:00~16:00 実践発表「島の教育の“今”」

地域の課題解決に取り組む高校生をはじめ、挑戦する教員、進化する公立塾、仕掛ける地域など多様な立場から、今の実践を紹介します。

16:00~18:00 分科会「島からつくる教育の“未来”」

島の教育の現状や課題、未来への想いを踏まえたうえで、分科会ごとに参加者の皆さんとこれからの取り組みについて議論し、新たな可能性を共につくります。※分科会の詳細は下部に記載しております。

18:00 閉会

19:00〜21:00 交流会

【分科会の詳細】

お申し込みフォームより、興味のある分科会をお選びください。

第一分科会:グローカルキャリア教育

昨今、目にする機会の増えた「グローバル人材」という言葉。一見グローバルとは程遠い隠岐島前でも、グローバル×ローカルのバイリンガルである「グローカル人材」の育成に取り組んでいます。日本、そして離島という辺境だからできる「グローカルキャリア教育」の社会的意義と可能性を探求しませんか?

第二分科会:世界中から生徒が集まる島留学

島前高校の特徴の一つが「島留学」制度。全国から「普通の高校では物足りない」意欲的な中学生を募り、現在は全校生徒の約半数が島前地域外出身です。ど田舎からグローカル人材輩出に挑む島前高校が、全世界から“脱藩生”が集まるグローカルな学校となるためには。刺激的な議論の展開を期待します。

第三分科会:新たな半寮制による全人教育

島留学生が暮らす寮。生徒たちは出身も価値観も異なる同世代と寝食を共にする中で、意見の相違や衝突を経て、多文化協働を体得します。現在新たに「研修交流センター」を建設中。地域住民や来島者に開かれた場を共に創り、生徒に寄り添う大人はどうあるべきか。島暮らしそのものを通じた全人教育の実践が加速します。

第四分科会:挑戦する学校・地域連携型公立塾

地域と協働しゼミ形式の授業を取り入れながら、地域の未来を担う人材育成を行うのが、公立塾「隠岐國学習センター」です。高校と定例の打ち合わせを持つなど、学校との密な連携を実践しています。地域や学校と協働しながら、人口減少社会に求められる新しい教育のモデルづくりに挑戦します。

第五分科会:地域と学校の協働の進化形

島前高校、島前3町村、地域住民、保護者、県や国の各機関…。魅力化プロジェクトのステークホルダーは実に多様です。それら関係者と共に歩む上でのキーワードが「協働」であり、それを担う「コーディネーター」の存在が欠かせません。コミュニティ・スクールを超える地域と学校の「協働」の形を模索します。

第六分科会:先進的ICT教育活動

近年ICTを用いた新しい教育手法の開発が盛んになっています。ICT自体は単なるツールですが、魅力化プロジェクトではICTによって個に対応し、世界に開かれた学びの場づくりを実現する可能性を模索しています。遠隔授業、動画講義、タブレット学習の先にある「地域で活きるICT教育」を一緒に考えませんか?

第七分科会:教育を核とした地域活性化

島唯一の高校の統廃合という危機から始まった魅力化プロジェクト。島にとって存続と活性化のレバレッジポイントである教育の挑戦は地域に何をもたらすのか。「学びの島」ブランドの確立に向けた、地域を担う社会人へも学びを開く「島まるごと大学」の創設など、教育×地域の新たな地平を探ります。

【島会議とは?】

地方が注目されています。これからの地域社会のあり方・地域での働き方・暮らし方を、この島では島の外から来た方と島民とが、真剣に議論し続けてきました。この島の議論を「島会議」とよび、これからの地域のあり方、新たな生き方・学び方を島から全国へ発信していく場を創っていきたいと思います。

【お申込について】

定員:100名
お申込期限:平成26年12月3日(水)
※お申込期限を12月3日としておりますが、宿泊手配が出来る限りは直前までお申込を受け付けております。ご不明点やご不安な部分があればお気軽にお問い合わせください。
 

ƒ{ƒ^ƒ“_‚µž‚Ý

戻る