お知らせ
2014.10.11
第4回島会議「島の暮らしと働き方会議」 11.1(土)開催! ※終了、満員御礼!

第4回島会議「島の暮らしと働き方会議」

島の暮らしと働き方会議

第4回島会議 「島の暮らしと働き方会議」

主催:海士町観光協会
共催:島根県しまね暮らし推進課

チラシのPDFはこちら( / )※クリックするとPDFを表示します。

島根県が元気だ。ふるさとに帰りその魅力を伝えるひと。大切なものを残すために家業を継ぐひと。声を大にして魅力を発信する若者がいる。島が元気だ。島根県・海士町には2300人の人口の島に10年間で410名ものひとが移住した。この島で家庭を築き、島の仕事を担い、新たな仕事を起こすひともいる。Uターン、Iターンと呼ばれる彼らが、暮らしと仕事をどのように選んだのか。海士町内外のゲストのお話を通じて、新しい暮らしと仕事の選び方を探ります。

【日時・会場】

平成26年11月1日(土)
14:00〜18:00 シンポジウム :隠岐神社 講堂にて
19:00〜21:00 交流会 :マリンポートホテル海士にて

※13:30に菱浦港から会場行きの無料バスがでます。

【料金】

参加費:3,000円(交流会参加者は別途5,000円)
※当日午前中に町内ツアーにご参加される方はツアー代3,000円が別途発生します。

【プログラム】

14:00~14:30 基調講演
三浦大紀 SHIMANE PROMOTION「”しまね暮らし”の可能性」

14:30~15:00 特別講演
小西威史 雑誌「ソトコト」副編集長 「ソトコトが考える”選び方”」

15:00~17:10 パネルディスカッション 「暮らしと仕事の、えらびかた」
・三浦大紀 SHIMANE PROMOTION
・小西威史 雑誌「ソトコト」
・宮崎雅也 但馬屋
・藤澤裕介 海士町漁業協同組合
・加島浩介 加島茶舗

17:10~18:00 特別対談 「彼らがここで選んだもの」
・木割大雄(俳人) × 齋藤章雄(和食料理人)

18:00 閉会
19:00〜21:00 交流会

【プログラム詳細】

●14:00~14:30 基調講演:三浦大紀 SHIMANE PROMOTION「”しまね暮らし”の可能性」

【講師プロフィール】1980年浜田市出身。早稲田大学を卒業後、国会議員秘書、NGO職員などを経て東京からUターン。商店街の活性化事業や江津ブランドの発信事業などに従事。自ら起業したSHIMANE PROMOTIONでは、これまでの経験とネットワークを活かして、都市と地方をつなぐ様々なプロジェクトを運営。

SHIMANE PROMOTION  http://shimapro.net/

●14:30~15:00 特別講演:小西威史 雑誌「ソトコト」副編集長 「ソトコトが考える”選び方”」

【講師プロフィール】月刊ソトコト副編集長。1968年兵庫県生まれ。92年神戸新聞社入社。社会部記者などを経て、98年退社。同年、動物写真家を目指し、ケニアへ移住。ナイロビを拠点に活動し、2002年帰国。編集プロダクションであるトド・プレスに入社後、月刊ソトコト編集部に配属。ソトコトのテーマである「環境」を軸に、地域の暮らしを楽しくするような取り組みの取材や、離島の活動を紹介する「元気になるニッポンの島めぐり」連載などを担当している。

ソトコト  http://www.sotokoto.net/

●15:00~17:00 パネルディスカッション:「暮らしと仕事の、えらびかた」

ご講演いただく三浦さん、小西さんに加えて、さらに3名のゲストを加えてのパネルディスカッション。1人目は松江市内で家業を継ぎにUターンをされた加島さん。2人目は群馬から海士町に移住をして「なまこ」の加工業で起業をした宮崎さん。そして3人目は横浜から海士町に移住をして、島の漁協職員となった藤澤さん。彼らがこの島根に、そしてこの島に、何を求めて、どう選んだのか。「暮らしと仕事の、えらびかた」というテーマでお話いただきます。

●17:10~18:00 特別対談:「彼らがここで選んだもの」木割大雄(俳人)×齋藤章雄(和食料理人)

特別対談は長年、海士町に関わりが深いお二人。俳人の木割大雄さん。そしてもう1人が和食料理人の齋藤章雄さん。長い間この島に関わられたお二人から見た、この島の魅力とは。そして前半紹介されたUIターン者が選んだものは。独特の視点をもつお2人からお話を伺います。

【島会議とは?】

地方が注目されています。これからの地域社会のあり方・地域での働き方・暮らし方を、この島では島の外から来た方と島民とが、真剣に議論し続けてきました。この島の議論を「島会議」とよび、これからの地域のあり方、新たな生き方・学び方を島から全国へ発信していく場を創っていきたいと思います。

満員御礼!たくさんのご来場、ありがとうございました。

【お申込について】

定員:100名
お申込期限:平成26年10月26日(日)

【京都発(大阪経由)貸切バスについて】

10/31(金) 7:30京都駅発(8:30大阪梅田駅経由)で貸切バスを準備しています。
帰りは11/3(月)に関西行きの往復バスです。無料でご利用いただけて、
学生はこのバスツアーを利用しての3泊4日で25,000円で各種プログラムにご参加いただけます。
(3泊の宿泊代・夕朝食・各プログラムの参加費は含む。)
(※4日間の昼食代は別途実費負担)
詳細はお問い合わせください。

<行程>
10/31(金)
7:30 京都駅発(8:30大阪梅田駅経由)
13:30 境港到着
14:25 フェリー乗船・海士町へ
17:26 海士町到着・海士町宿泊

11/1(土)
10:00 町内バスツアー(別途参加費3,000円 ※学生は参加費に含む)
14:00 島の暮らしと働き方会議
19:00 交流会・海士町宿泊

11/2(日)
「食の感謝祭」参加

11/3(月)
9:50 フェリー乗船・境港へ
13:30 貸切バスで(大阪経由)京都駅まで
18:00 京都駅到着

 

【11月2日(日)は食の感謝祭!】

島の暮らしと働き方会議、翌日の2日には隠岐神社の境内にて、今年7回目となる「食の感謝祭」を開催します。この「食の感謝祭」では、島民が島の恵みに感謝する「新嘗祭」として、隠岐神社に島の飲食に関わる生産者・宿の女将や主人などが一同に会します。島の恵みを神社に奉納した後は、島民、島外からお客さんを含めて島の食やお酒を味わいましょう!この日だけの特別メニューが500円以下で楽しめます。当日は島の伝統芸能である隠岐島前神楽をはじめ、島の文化と食を存分に満喫できる1日です。島会議とあわせてお楽しみください。

戻る