お知らせ
2015.03.16
第16回隠岐後鳥羽院俳句短歌大賞 選考結果

今回は一般の部(俳句1,775句、短歌1,218首)、青少年の部(俳句68句、短歌32首)に
国内外から多くのご投稿を賜りました。ありがとうございました。
ご応募頂きました作品の選考結果について次の皆様が入賞・入選・佳作に選ばれました。おめでとうございました。
(作品集の発送は4月を予定していますので、いましばらくお待ちくださいませ。)

第16回隠岐後鳥羽院俳句・短歌大賞 入賞者および、各選者賞受賞者

◆俳句部門 入賞

俳句大賞 一礼を深く涼しく一の宮 徳島県徳島市 本城 佐和
海士町長賞 帰省子や隠岐に帰れば隠岐の貌 兵庫県神戸市須磨区 出店 智惠呼
西ノ島町長賞 上皇の島へ月光惜しみなし 千葉県船橋市 深山 きんぎょ
知夫村長賞 跣足の子追ふ子も跣足隠岐の浜 兵庫県西宮市 兒山 綸子
角川学芸出版社賞 島を出ず子に従はず鹿尾菜刈る 愛知県大府市 中本 英治

 

◆俳句部門 各選者賞

稲畑汀子選

特選 上皇の島へ月光惜しみなし 千葉県船橋市 深山 きんぎょ
準特選 帰省子や隠岐に帰れば隠岐の貌 兵庫県神戸市須磨区 出店 智惠呼
入選 上皇の黒木の御所の蟻地獄 京都府綾部市 吉田 藤治
入選 跣足の子追ふ子も跣足隠岐の浜 兵庫県西宮市 兒山 綸子
入選 上皇をしのべば冬の涛高し 兵庫県西宮市 本郷 桂子
入選 島人に海はまほろば波涼し 兵庫県神戸市東灘区 田附 光映
入選 上皇の面影包む春の雪 神奈川県横浜市青葉区 宮脇 美智子
入選 足るを知る島の暮らしや曼珠沙華 東京都足立区 北島 孝子
入選 隠岐神社ただ秋風の吹くばかり 京都府長岡京市 くにを
入選 はるか来し隠岐の切岸岩燕 千葉県千葉市緑区 井上 芳秋
入選 巖を打つ濤に力や夏来る 茨城県日立市 寂石
入選 霧湧きて樹齢八百年の杉 島根県浜田市 青木 紫女
入選 露けしや島に黒木の御所の跡 千葉県八千代市 髙橋 悦子
入選 どの島も月が見えをり隠岐泊り 愛知県半田市 加藤 清美
入選 一色の一枚の空天高し 愛媛県四国中央市 豊田 耕造
入選 上皇を偲ぶ大樹に後の月 千葉県松戸市 加瀨 光雄
入選 夕去りのここちよき風虫の宿 大分県由布市 松村 勝美
入選 巻き戻し出来ぬ人生冬至粥 群馬県前橋市 島崎 多津恵
入選 飛魚や遠ざかりゆく島の影 千葉市稲毛区園生町 棗 楕伊
入選 元旦の海より明くる隠岐の島 埼玉県吉川市 人見 正
入選 卒業は旅立ちなりし島の子ら 石川県金沢市 瀬古 祥子
入選 卯波立つ隠岐島に居てひとりかな 愛知県安城市 山口 正惠
入選 仮の世の残り少なし木の葉髪 群馬県高崎市 黒岩 喜洋
入選 どの子にも明るき未来七五三 東京都多摩市 河田 公枝
入選 海越ゆる流刑の島へ渡る蝶 東京都中野区 石川 桜衣
入選 足音をたてる落葉と消す落葉 岡山県津山市 池田 純子
入選 出航のテープ七色卒業す 千葉県松戸市 石井 浩美
入選 陵へ献句認む夏落葉 埼玉県富士見市 中山 フジ江
入選 島ことば耳に馴染みて冬ぬくし 兵庫県神戸市須磨区 髙橋 純子
入選 上皇の無念の塚や小鳥来る 秋田県横手市 高橋 遙
入選 目覚ましは朝の四時半島の夏 東京都町田市 野村 信廣
入選 航く島もふり向く山も夏霞 埼玉県白岡市 細井 路子
佳作 放牧の牛を追ふ子の裸かな 京都府福知山市 蒼浪
佳作 種子島見ゆる海原春の旅 大阪府高槻市 谷本 房子
佳作 一人居にほとほと永き日となりぬ 愛知県名古屋市守山区 鈴木 恵美子
佳作 なだらかな山裾かくし島は秋 青森県青森市 小野 いるま
佳作 波静か海を渡りて今日の月 大阪府高槻市 長谷川 ちえ子
佳作 虚空へと波間を渡る隠岐の月 山口県山陽小野田市 平島 照雄
佳作 我の他触れる人なき初暦 岡山県津山市 池田純子
佳作 寸分の乱れも見えぬ渡り鳥 岡山県津山市 池田純子
佳作 月明り殊の外なる隠岐島 千葉県千葉市花見川区 大久保 文夫
佳作 手入れせし庭の日溜り石蕗の花 奈良県香芝市 芳林 淳子
佳作 後鳥羽院偲ぶ露けき在所跡 兵庫県赤穂市 柳田 美鈴
佳作 雁渡る遠流の島の声落し 和歌山県田辺市 みきを
佳作 枯木星大きく息を吐きにけり 群馬県前橋市 真中 てるよ
佳作 水仙の葉裏に怒涛隠岐の島 愛知県安城市 小野 淳子
佳作 島に寄る真夜のエンジン息白し 愛知県あま市 森 千恵子
佳作 民宿の二泊三日の日焼かな 東京都新島村 曽根 新五郎
佳作 島つなぐ小さき橋や蔦紅葉 滋賀県彦根市 松本 いづみ
佳作 綿虫や帰りたがらぬ子供たち 静岡県富士市 佐村 晶
佳作 一列に並ぶ秋灯島二つ 愛知県知多郡武豊町 田中 小夜子
佳作 枯葉踏み朝日を浴びる散歩道 千葉県千葉市稲毛区 うめさわ かよこ
佳作 寒禽の声ばかりなる隠岐神社 千葉県千葉市中央区 鈴木 まんぼう
佳作 この空の隠岐へと続く帰燕かな 熊本県熊本市西区 谷 喜美子
佳作 陵へ一句捧げし秋日和 群馬県高崎市 川浦 正子
佳作 一礼を深く涼しく一の宮 徳島県徳島市 本城 佐和
佳作 大小の島点々と冬の海 兵庫県洲本市 小山 しのぶ
佳作 末枯や声の淋しき黒木御所 静岡県静岡市駿河区 吹井 紫乃
佳作 断崖を染め春暁の雲動く 岡山県真庭市 米山 成男
佳作 若きらの戻りて島の夏祭 栃木県那須塩原市 谷口 畔水
佳作 島を出ず子に従はず鹿尾菜刈る 愛知県大府市 中本 英治
佳作 冬波の怒濤寄せくる西の島 福岡県福岡市東区 神谷 大河

宇多喜代子選

特選 一礼を深く涼しく一の宮 徳島県徳島市 本城 佐和
準特選 冬晴の広さは鳶の輪の広さ 兵庫県神戸市東灘区 玉手 のり子
入選 放牧の牛を追ふ子の裸かな 京都府福知山市 蒼浪
入選 蛸壺に桜の一枚差してある 埼玉県春日部市 田中 正隆
入選 新緑を貫く滝の太き線 大阪府池田市 高倉 明子
入選 隠岐竜担流人の島に濃く淡く 大阪府高槻市 吉田 翠子
入選 家ごとに牡丹を咲かせ島に住む 島根県邑智郡邑南町 康人
入選 飛魚の空の軽さを逃げゆけり 岡山県津山市 池田純子
入選 放牧の牛のふみたる草もみじ 石川県金沢市 中村 富代
入選 月光や隠岐へ集まる流れ雲 茨城県土浦市 野口 英二
入選 釣人へ弁当届く島小春 鳥取県境港市 出木 俊子
入選 撒く塩の白煙のごと隠岐相撲 愛知県名古屋市西区 柴田 鏡子
入選 靴紐を固めに結び冬に入る 新潟県長岡市 栃倉 千江子
入選 舟小屋の錆深めゐる冬怒涛 神奈川県足柄上郡大井町 新井 たか志
入選 民宿の二泊三日の日焼かな 東京都新島村 曽根 新五郎
入選 島にいくつ絶滅危惧種暮の秋 広島県広島市佐伯区 松原 英明
入選 天地の力のかぎり野大根 大阪府寝屋川市 重冨 美津惠
入選 隠岐はるか風重くなる曼珠沙華 宮城県遠田郡美里町 佐藤 みね
入選 赤壁に霧ぶつかって消えてゆく 山口県下関市 那田 紅石
入選 朝霧の中より出でし馬の足 熊本県玉名市 大野 敬子
入選 寒禽の声ばかりなる隠岐神社 千葉県千葉市中央区 鈴木 まんぼう
入選 晩秋の二等船室島訛 神奈川県相模原市南区 北原 惠
入選 この空の隠岐へと続く帰燕かな 熊本県熊本市西区 谷 喜美子
入選 大小の島点々と冬の海 兵庫県洲本市 小山 しのぶ
入選 行先を見届けられず蝸牛 岡山県津山市 池田 純子
入選 火葬塚の鳥居を潜る冬の蝶 広島県広島市安佐南区 松本 惠和
入選 島と島繋ぎし空に冬の月 大阪府大阪市城東区 齋藤 富美代
入選 六月の海の青さや孕牛 群馬県藤岡市 武田 漣
入選 隠岐の夏潮風に向く曝書かな 神奈川県川崎市宮前区 島井 由美子
入選 冬濤の音かぶさりて隠岐の笛 熊本県熊本市中央区 吉井 巧
入選 色かえぬ松したがえて隠岐の御所 新潟県新潟市東区 無風
入選 鷹柱礁にしぶき上りけり 千葉県千葉市花見川区 露木 伸作
佳作 菜の花の視線はるかに隠岐晴るる 兵庫県西宮市 武子
佳作 清明の海穏やかに発ちにけり 三重県四日市市 小井 寒九郎
佳作 惜春の旅しめくくる牛突き場 東京都板橋区 蓮花
佳作 海へ向く流人の墓や彼岸花 東京都目黒区 鈴木 燕童
佳作 上皇の遺せし茶釜菊香る 広島県広島市西区 画鏡
佳作 補聴器に秋の声聴く隠岐の島 福井県あわら市 木幡 嘉子
佳作 ピアノ鳴る三年生の夏休み 石川県金沢市 中村 富代
佳作 行く秋や旅のをはりの遠汽笛 群馬県沼田市 山口 雄二
佳作 船上の縁も新た夕月夜 神奈川県川崎市宮前区 谷口 裕子
佳作 雁渡し小島に海の守り神 栃木県宇都宮市 阿久津 勝利
佳作 海霧に浮き松島の松みどり立つ 新潟県南相馬市鹿島区 江井 芳朗
佳作 冬の雨途切れとぎれの猫の声 大阪府大阪市城東区 寺野 りゑ子
佳作 しぐるるや陵墓の草をやはらげて 東京都世田谷区 和音
佳作 杖音のひとつ加はる落葉径 石川県金沢市 米田 陽子
佳作 島の子の夕影に牛洗ひをり 愛知県尾張旭市 古賀 勇理央
佳作 秋耕や遠祖の土くろぐろと 愛知県江南市 伊神 舞子
佳作 梵鐘の野面を渡る花菜風 茨城県古河市 松本 幸子
佳作 水仙の葉裏に怒涛隠岐の島 愛知県安城市 小野 淳子
佳作 隠岐の島御前相撲に塩が降る 石川県金沢市 中村 富代
佳作 島つなぐ小さき橋や蔦紅葉 滋賀県彦根市 松本 いづみ
佳作 一列に並ぶ秋灯島二つ 愛知県知多郡武豊町 田中 小夜子
佳作 島と島重なりて守る牡蠣筏 愛知県名古屋市緑区 荒川 くみ子
佳作 長鳴きの牛に靡ける秋桜 岡山県倉敷市 浮田 雁人
佳作 どの子にも天は広がり七五三 沖縄県中頭郡読谷村 前田 千文
佳作 潮騒に秋は来にけり隠岐の島 東京都稲城市 徳植 弘幸
佳作 初蝶や倒れしままの流人墓 東京都調布市 竹内 洋平
佳作 牛の目に海を映して隠岐の夏 神奈川県川崎市多摩区 松﨑 香苗
佳作 末枯や声の淋しき黒木御所 静岡県静岡市駿河区 吹井 紫乃
佳作 航く島もふり向く山も夏霞 埼玉県白岡市 細井 路子

石 寒太選

特選 一礼を深く涼しく一の宮 徳島県徳島市 本城 佐和
準特選 院の声楸邨の声冬怒濤 神奈川県横須賀市 中西 光
入選 上皇の黒木の御所の蟻地獄 京都府綾部市 吉田 藤治
入選 牛の背に美しき夕焼隠岐島 兵庫県西宮市 武子
入選 赤紙も夫の遺品や昭和の日 岡山県小田郡矢掛町 湖舟
入選 折り鶴に命吹き込む隠岐の春 広島県福山市 藤井 茂基
入選 黒南風や島に伝はる神の恋 愛知県半田市 稲葉 京閑
入選 跣足の子追ふ子も跣足隠岐の浜 兵庫県西宮市 兒山 綸子
入選 上皇の隠岐の置文梅雨に入る 愛知県名古屋市西区 柴田 鏡子
入選 後鳥羽院の落葉栞て旅みやげ 島根県松江市 山根 一枝
入選 補聴器に秋の声聴く隠岐の島 福井県あわら市 木幡 嘉子
入選 楸邨のめでし木の芽や隠岐島 愛知県尾張旭市 古賀 勇理央
入選 落葉踏む音が夢見る隠岐の島 山口県柳井市 片山 放魚
入選 水を打つ隠岐の守部の助九郎 岩手県盛岡市 及川 永心
入選 恋猫の島に向ひて鳴きにけり 兵庫県相生市 江見  巌
入選 岬より岬のしぐれ旅二日 神奈川県横浜市神奈川区 永島 文江
入選 冬の月載せて最終フェリー発つ 熊本県熊本市北区 利光 釈郎
入選 引けば手に重き纜冬に入る 熊本県熊本市北区 利光 釈郎
入選 杖音のひとつ加はる落葉径 石川県金沢市 米田 陽子
入選 隠岐牛の長き尿や夏きざす 神奈川県川崎市宮前区 髙須賀 三岳
入選 蟷螂の不動楸邨怒濤句碑 千葉県流山市 伊藤 航
入選 石楠花の一花残りて隠岐神社 香川県高松市 尾﨑 妙子
入選 枯木星大きく息を吐きにけり 群馬県前橋市 真中 てるよ
入選 民宿の二泊三日の日焼かな 東京都新島村 曽根 新五郎
入選 帰省子や隠岐に帰れば隠岐の貌 兵庫県神戸市須磨区 出店 智惠呼
入選 海士となる婿くる島や鳥渡る 千葉県佐倉市 小池 成功
入選 足あげて犬の尿する杜鵑草 島根県松江市 永瀬 海那
入選 欠航の島に二日の涅槃西風 東京都世田谷区 坂野 たみ
入選 どの子にも天は広がり七五三 沖縄県中頭郡読谷村 前田 千文
入選 船底に毛布一山島へ島へ 千葉県松戸市 石井 浩美
入選 鰯雲隠岐へ投網を打つごとし 埼玉県富士見市 中山 フジ江
入選 飛魚飛翔隠岐の青さの芯にあり 群馬県藤岡市 武田 漣
入選 放牧の牛を追ふ子の裸かな 京都府福知山市 蒼浪
佳作 初凪の島へ二便の通ひ船 大阪府枚方市 讓尾 三枝子
佳作 天領の黒き屋並や菊の風 愛知県名古屋市西区 柴田 鏡子
佳作 残雪の島を近くに牛放つ 福島県相馬市 管澤 建二
佳作 螢ふぶく後鳥羽天皇火葬塚 栃木県宇都宮市 加藤 多美子
佳作 上皇の涙の露は隠岐の波 石川県鳳珠郡穴水町 水口 喜代子
佳作 島守の便り届けよ都鳥 佐賀県佐賀市 廣津留 長録
佳作 子供には遊び相手の木の実かな 岡山県津山市 池田 純子
佳作 秋松風勝田の池の漣める 静岡県焼津市 寺尾 白桃子
佳作 ピアノ鳴る三年生の夏休み 石川県金沢市 中村 富代
佳作 放牧の牛のふみたる草もみじ 石川県金沢市 中村 富代
佳作 隠岐神社ただ秋風の吹くばかり 京都府長岡京市 くにを
佳作 先頭は米寿迎へし祭笛 兵庫県赤穂市 猪谷 信子
佳作 牛突きの牛の目が燃ゆ神の留守 愛知県北名古屋市 加藤 ゆうや
佳作 フェリー出る度に潮の香花とべら 東京都目黒区 河野 美奇
佳作 北風荒れよ遠流の島の動くまで 大分県宇佐市 岡嶋 明
佳作 酒好きの横綱牛や隠岐おぼろ 大阪府堺市南区 広瀬 徹機
佳作 しぐるるや陵墓の草をやはらげて 東京都世田谷区 和音
佳作 昏れてより島の踊りの真骨頂 神奈川県横浜市神奈川区 永島 文江
佳作 海へ向く御火葬塚や雁渡し 鳥取県境港市 出木 俊子
佳作 驛鈴をまもる億岐家やつばくらめ 愛知県名古屋市緑区 小澤 昭之
佳作 闘かはぬ日の牛の目のうららなり 静岡県富士市 静風
佳作 島の春嫁ぎて分る牛言葉 奈良県奈良市 草野 直彦
佳作 花おぼろ一夜泊りの隠岐しげさ 石川県金沢市 蔵 堯子
佳作 落日や流人の島の木守柿 徳島県阿南市 島 玲子
佳作 隊道の中まで霧の流れ来る 和歌山県田辺市 川口 修
佳作 隠岐島を踏みし靴干す夏の果 岡山県久米郡美咲町 永滝 繁男
佳作 白鳥の一夜泊りや隠岐の島 愛知県安城市 小野 淳子
佳作 この空の隠岐へと続く帰燕かな 熊本県熊本市西区 谷 喜美子
佳作 隠岐や美し霧の育てし神の山 愛知県岡崎市 河合 澄江
小澤 實選
特選 島を出ず子に従はず鹿尾菜刈る 愛知県大府市 中本 英治
準特選 御火葬塚藪萱草の花あまた 愛知県春日井市 永井 光代
入選 跣足の子追ふ子も跣足隠岐の浜 兵庫県西宮市 兒山 綸子
入選 螢ふぶく後鳥羽天皇火葬塚 栃木県宇都宮市 加藤 多美子
入選 野大根の花を蹴散らし裸馬走る 神奈川県横須賀市 望月 良一
入選 婆が守る島の雑貨屋夏つばめ 三重県志摩市 尾﨑 亥之生
入選 鯔とんでポンポン舟の戻りくる 神奈川県横浜市旭区 藤井 みき
入選 茣蓙に寝て涼し隠岐への定期船 兵庫県神戸市須磨区 寅屋 照夫
入選 出雲より隠岐の銀漢濃かりけり 愛知県尾張旭市 古賀 勇理央
入選 汗を拭き杖突き登る赤壁へ 愛知県北名古屋市 天野 明
入選 隠岐神社ただ秋風の吹くばかり 京都府長岡京市 くにを
入選 秋澄むや浄土ケ浦の石拾ふ 東京都小平市 山中 光春
入選 島見えてどんど準備の浜日和 東京都港区 白村
入選 水を打つ隠岐の守部の助九郎 岩手県盛岡市 及川 永心
入選 フェリー出る度に潮の香花とべら 東京都目黒区 河野 美奇
入選 酒好きの横綱牛や隠岐おぼろ 大阪府堺市南区 広瀬 徹機
入選 海へ向く御火葬塚や雁渡し 鳥取県境港市 出木 俊子
入選 隠岐牛の長き尿や夏きざす 神奈川県川崎市宮前区 髙須賀 三岳
入選 隊道の中まで霧の流れ来る 和歌山県田辺市 川口 修
入選 隠岐牛の新藁匂ふかいば桶 大分県大分市 井元 誠司郎
入選 帰省子や隠岐に帰れば隠岐の貌 兵庫県神戸市須磨区 出店 智惠呼
入選 隠岐牛の放牧小春日和かな 奈良県生駒市 勝 王騎
入選 白南風や島の花嫁よく笑ふ 埼玉県川越市 浜田 はるみ
入選 勝牛の化粧まわしに秋日濃し 兵庫県淡路市 吉田 碧舟
入選 全島を包む白霧の夜明けかな 静岡県富士市 藤田 幸次郎
入選 上皇の島へ月光惜しみなし 千葉県船橋市 深山 きんぎょ
入選 新涼や藩主の墓所へ長き磴 群馬県北群馬郡榛東村 武井 波真
入選 潮騒に秋は来にけり隠岐の島 東京都稲城市 徳植 弘幸
入選 船底に毛布一山島へ島へ 千葉県松戸市 石井 浩美
入選 出航のテープ七色卒業す 千葉県松戸市 石井 浩美
入選 島の子の言葉短かし冬ざるる 熊本県熊本市東区 西村 孝子
入選 蕺草の干されて島の診療所 千葉県千葉市花見川区 中村 智善
佳作 花ねむやむかし帝を島流し 岐阜県可児市 村瀬 茂子
佳作 四竿を一人操り夜釣かな 島根県浜田市 大島 一二三
佳作 上皇の隠岐の置文梅雨に入る 愛知県名古屋市西区 柴田 鏡子
佳作 黒木御所動きゐるもの穴まどひ 神奈川県藤沢市 小田島 美紀子
佳作 家ごとに牡丹を咲かせ島に住む 島根県邑智郡邑南町 康人
佳作 牛突場塩撒き牛の登場す 静岡県焼津市 寺尾 白桃子
佳作 放牧の牛のふみたる草もみじ 石川県金沢市 中村 富代
佳作 後鳥羽院行在所跡虫時雨 千葉県千葉市花見川区 大久保 文夫
佳作 天高し鳶の群れゐる遠流の地 岩手県西岩井郡平泉町 岩渕 洋子
佳作 禰宜の友いま冬ごもり隠岐の島 千葉県千葉市稲毛区 藤井 黎子
佳作 冬涛の隠岐は帝の遠流の地 愛媛県西条市 渡辺 国夫
佳作 引けば手に重き纜冬に入る 熊本県熊本市北区 利光 釈郎
佳作 驛鈴をまもる億岐家やつばくらめ 愛知県名古屋市緑区 小澤 昭之
佳作 撒く塩の白煙のごと隠岐相撲 愛知県名古屋市西区 柴田 鏡子
佳作 冬の雲隠岐の駄菓子のなつかしき 大阪府大阪市西区 山﨑 慶治
佳作 島に寄る真夜のエンジン息白し 愛知県あま市 森 千恵子
佳作 隠岐の島御前相撲に塩が降る 石川県金沢市 中村 富代
佳作 猪垣の完璧といふことなくて 島根県出雲市 奥井 紘子
佳作 後鳥羽んさんに一礼をして稲を刈る 島根県松江市 池田 都瑠女
佳作 島の子はかけつこ速しゐのこづち 東京都府中市 松野 篤子
佳作 欠航の島に二日の涅槃西風 東京都世田谷区 坂野 たみ
佳作 浦々に伝はる口説き盆の島 大分県大分市 平山 藍
佳作 島の谷水の水押す雪解かな 東京都調布市 万木 一幹
佳作 牛突きの相撲甚句や秋高し 東京都武蔵野市 夏目 重美
佳作 若きらの戻りて島の夏祭 栃木県那須塩原市 谷口 畔水
佳作 海士人は踊りが好きでキンニャモニャ 東京都江東区 段原 羊子
佳作 教え子の日焼けて鰹下げ来たる 宮城県気仙沼市 藤 小袖
佳作 上皇の無念の塚や小鳥来る 秋田県横手市 高橋 遙
佳作 去年今年新しき島育ちおり 福岡県太宰府市 山本 京子
佳作 朗々と相撲甚句や島は夏 佐賀県小城市 齊藤 さとし

◆俳句部門 青少年の部

稲畑汀子選 最優秀賞 すりおろしリンゴのしろい色ちゃいろ 藤井 麻友
優 秀 賞 秋のそらくうきをすうといいきぶん 高田  藍 知夫村立知夫小学校
宇多喜代子選 最優秀賞 牛市場牛が並んで盛り上がる 下廣 凌雅 知夫村立知夫小学校
優 秀 賞 今過ぎた風の跡みえるすすきかな 水流かなこ
石 寒太選 最優秀賞 秋行きの風の列車が葉をゆする 小形あいみ
優 秀 賞 鉄塔の天辺のぞく秋気かな 髙畠慎太朗
小澤 實選 最優秀賞 くるくるとまわる干しイカまわす風 山代  森 隠岐島前高校
優 秀 賞 秋の朝牛市の牛鳴いている 番谷 日喜 知夫村立知夫小学校

 

◆短歌部門 入賞

短歌大賞 白波に研がるる如き島にして行き交ふひとら道譲り合ふ 宮城県石巻市 大和 昭彦
海士町長賞 わが町に隠岐から来た人ひとりいるハンコ屋の奥さんよく笑うひと 愛知県新城市 大谷 将夫
隠岐汽船社長賞 わかりあえず終わりし父と今朝もまた鏡の中で対峙するのか 神奈川県相模原市南区 河野 真理
角川学芸出版社賞 町営でここだけ黒字と聞きながら骨あげ待ちぬ島の斎場 大阪府堺市南区 梶田 有紀子

 

◆短歌部門 各選者賞

 安田純生選

特選 町営でここだけ黒字と聞きながら骨あげ待ちぬ島の斎場 大阪府堺市南区 梶田 有紀子
準特選 わが町に隠岐から来た人ひとりいるハンコ屋の奥さんよく笑うひと 愛知県新城市 大谷 将夫
入選 風は初夏 仔に乳飲ます母馬の瞳に映る島の旅人 東京都足立区 鷺沼 あかね
入選 飛び上がり水飛沫上げ遡上する鮎受け川は歓喜に満つる 三重県亀山市 岩谷 隆司
入選 空と海さかい分かたぬ一面の闇に灯りの一つが見ゆる 愛知県知立市 鈴木 保江
入選 血を抜きて氷に塩に酢に浸けて無慈悲を尽くす締め鯖の味 宮城県仙台市泉区 角田 正雄
入選 つばのある帽子は風に飛ばされぬ予想を違えず島の方へと 愛知県岡崎市 山口 竜也
入選 旅先に一度かかりし子の電話庭に見知らぬ仔猫がゐると 大分県大分市 竹内 乃里子
入選 わかりあえず終わりし父と今朝もまた鏡の中で対峙するのか 神奈川県相模原市南区 河野 真理
入選 干し柿の乾きぐあいを確かめてもうすぐきょうも終わろうとする 静岡県賀茂郡東伊豆町 冨岡 悦子
入選 友見舞ふ帰りに足が痙攣し百円ショップに入りて杖買ふ 福岡県三潴郡大木町 中村 久恵
入選 文化会館の三階に棲む越冬蚊О型の血に喜び来たり 大阪府吹田市 山本 達
入選 カーテンの向かうは雲の世界にて時流れつつ深閑とせり 千葉県市原市 野原 東子
入選 この所お逢い出来ないお年寄りお庭の山茶花咲いているけど 東京都小金井市 塚口 純子
入選 餌求め集う真鯉の背の上を半ば歩いて石亀過る 京都府京都市山科区 後藤 正樹
入選 ブリ大根食卓にのせ夫を待つ湯気のむこうに秋の気配す 千葉県市川市 境 泰子
入選 亡き夫の時計を付けて旅に出で折々声かく島めぐりつつ 福岡県三潴郡大木町 下川 千次
入選 花好きな父に隠岐より取り寄せし牡丹の苗に大輪の花 東京都北区 小竿 和子
入選 忘れ物失せ物多きこの日頃老いることなど急がぬものを 山口県岩国市 高藤 禮子
入選 夕焼の瀬戸の小島を縫ふやうにあの日の父の乗りし軍艦 愛知県名古屋市昭和区 清水 良郎
入選 珈琲店女ひとりで占める席私で六つ世界も六つ 宮城県仙台市泉区 佐藤 紘子
入選 「その歳で、今更」と妻に言われたり癌検診をうけにゆく朝 鳥取県米子市 加茂川 四郎
入選 きゆるきゆると腹の虫なぞ鳴きにけり肥ゆる秋なぞとほに過ぎしが 大阪府大阪市西成区 凛 七星
入選 叱りし後抱きしめやれば五歳児の細き身体がふるえてゐたり 京都府舞鶴市 新谷 洋子
入選 あかときの天の零せるひとしづく見放くる果てに一湾生まる 静岡県磐田市 小笠原 小夜子
入選 暴れ川なりし昔を村の名に源兵島あり阿弥陀島あり 石川県金沢市 前川 久宜
入選 誰もゐぬ「恋人の森」に風立ちて枯葉の四つベンチに座る 大分県由布市 佐藤 礼子
入選 この先を幾食夫と対き合はむ松茸あがなひ土びん蒸しにす 滋賀県大津市 長谷 仁子
入選 よくもまあ寄り添ひくれし四十八年父捨て母捨てはらからも捨て 愛媛県松山市 池永 英夫
入選 渚まで続く菜の花黄の色のすとんと果てて青き海あり 島根県松江市 安部 歌子
入選 聞こえくる島唄吾れも口ずさむ奄美の風の頬に爽やか 福井県小浜市 平田 卿子
入選 ご夫妻はチーズとワインのようですね褒めればはにかむ嘗ての上司 群馬県館林市 本川 ミヤ子
佳作 月光を背負ふ我が身の影法師凍つる大地の汝は手先か 愛知県半田市 游遊子
佳作 今は秋まつほの浦も凪ぎてあり舟待つ我は岩屋に眠る 神奈川県川崎市中原区 松浦 元子
佳作 その膝に七歳のわれを抱き寄せて戦争の酷さ父は語りぬ 青森県十和田市 田村 郁子
佳作 声高に連れ立ちて行く港町パチンコ店のオープンは今日 徳島県海部郡美波町 下町 昭
佳作 夕つ日が海に入りゆくたたかひを終へたる牛の眼をうるませて 青森県八戸市 木立  徹
佳作 すぐ先に成が島ありと思へども泳ぎ向かへば流され着かず 兵庫県洲本市 内藤 晶子
佳作 抜けた歯をいと無造作にはめ込んで今日はこれでと微笑む歯医者 愛知県額田郡幸田町 吉口 三男
佳作 君知るや人待つことの楽しさと松の根方の居心地のよさ 東京都中野区 伊集院 浩子
佳作 舟酔ひに苦しみつつも喜々として長府に遊びしは八十年前 山口県宇部市 松永 照子
佳作 能楽師の供へくれたる枕花しでのたをさの杜鵑草なり 静岡県沼津市 高橋 公子
佳作 大山を目指して船は進みをり隠岐への思ひいよよ深まる 福岡県北九州市八幡西区 中村 重義
佳作 傍ゆける我に関心などあらず放牧の牛遠くを見をり 京都府城陽市 黒田 雅世
佳作 緊張の乏しき日々のゆふまぐれ歯科医の椅子に手を握りしむ 鳥取県米子市 成田 公一
佳作 入居した老人ホームで車椅子の師がつぶやきぬ「これは遠流だ」 兵庫県神戸市東灘区 山野 ひろら
佳作 白波に研がるる如き島にして行き交ふひとら道譲り合ふ 宮城県石巻市 大和 昭彦
佳作 小春日の人影もなき島に来てタップダンスの波とたわむる 兵庫県神戸市兵庫区 小杉 優
佳作 小雨ふる九月の路上いのち綱みたいに犬の首輪が赤い 大阪府和泉市 小野田 裕
佳作 うすれゆく記憶のごとき昼月のかかれり明日は夫の職ひく 山口県光市 吉村 京子
佳作 一点を見つめたままでテディベア二十年間椅子に座れり 兵庫県西宮市 桜田 一夫
佳作 職場へと通ひし日々もはるかなり小犬と朝の川沿ひをゆく 高知県須崎市 徳永 逸夫
佳作 生きるために要るものさほど多からず牛は草原に子を産みて鳴く 東京都狛江市 奈良 雄次
佳作 ケアハウスの君が描きし群青の空はふるさと佐渡なりしとや 静岡県静岡市葵区 山内 文江
佳作 花に来て蜜吸ふ蝶を眺めゐるガラス戸越しの日差し浴びつつ 静岡県藤枝市 杉本 弘子
佳作 外つ国より移り来しとふサミーラさん知夫の波止場で我等を送る 沖縄県沖縄市 与木 典子
佳作 触ってよし見てよし着てよし文化まつりに展示なしいる綿入れ袢纏 大分県速見郡日出町 藤野 和子
佳作 牛飼ひの跡を継ぎたる教へ子は牛乳豆腐を土産に訪ね来 北海道札幌市東区 藤林 正則
佳作 隠岐の海自由に跳ねる飛魚を眺めたであろう後鳥羽上皇 岡山県笠岡市 田辺 俊惠
佳作 部屋内に陽の半ばまで入りてをり師走の文を走り書きする 山口県熊毛郡平生町 中村 美重子
佳作 武道館前にてバスの来るを待つ弓袋を持つ生徒と夕に 埼玉県所沢市 若山  巌
佳作 何日も降りつづく雨やっと止み庭木に見えるかまきりの鎌 山口県岩国市 西村 博子

三枝昻之選

  特選 白波に研がるる如き島にして行き交ふひとら道譲り合ふ 宮城県石巻市 大和 昭彦
  準特選 わかりあえず終わりし父と今朝もまた鏡の中で対峙するのか 神奈川県相模原市南区 河野 真理
  入選 幾度か桜咲く春の廻り来ぬ遺影の亡夫は年を重ねず 佐賀県佐賀市 志村 美子
  入選 何もせず何も言わずにただ傍に寄り添うだけの支援のかたち 東京都世田谷区 橋本 泉水
  入選 元寇の能古の島なる蒙古塚海の向ふの故郷を向く 佐賀県佐賀市 廣津留 長録
  入選 生みの親育ての島を後にせし君の詠む短歌島を離れず 島根県雲南市 西 基宜
  入選 幼子の掌よりこぼれし金平糖夜空の星をたたみにつくる 長崎県佐世保市 久田 恒子
  入選 夕つ日が海に入りゆくたたかひを終へたる牛の眼をうるませて 青森県八戸市 木立  徹
  入選 わが町に隠岐から来た人ひとりいるハンコ屋の奥さんよく笑うひと 愛知県新城市 大谷 将夫
  入選 漆黒の隠岐の神社の砂利を踏む清めの水を口に含みて 千葉県市川市 秋山 典子
  入選 北風に心の温みを盗まれて我が家へ急ぐ夕映えの道 愛知県額田郡幸田町 吉口 三男
  入選 腕いっぱい野の花摘みて無縁仏に供える媼が我が町に住む 愛知県西尾市 中川 喜代子
  入選 草陰に後鳥羽んさんの見入るらむ皆よき顔牛突き見てる 埼玉県所沢市 志村 美好
  入選 ファスナーを開くがごとく水鳥は湖面を割きて飛び立ちにけり 静岡県静岡市葵区 髙杉 光昭
  入選 東京のオリンピックのその年に隠岐は御配流八百年祭 東京都江東区 橋本 世紀男
  入選 星々は初冬の空に煌きて若き佳人の通夜帰りの道 埼玉県狭山市 松岡 初枝
  入選 一歳の春をそんなに急がずにのんびりゆっくりヒトにおなりよ 茨城県常総市 岡本 恵
  入選 降りつもる落葉を掃けば母の墓に寄り添いておかれし小さき水晶 広島県山県郡北広島町 小田 富佐子
  入選 口ごもるごとくぽつりと来しメール 秋 と時候に触るるのみなる 栃木県佐野市 池上 吟
  入選 亡き夫の時計を付けて旅に出で折々声かく島めぐりつつ 福岡県三潴郡大木町 下川 千次
  入選 指をさし隠岐の島よと母は子に舳先の先にふる里見つむ 長崎県島原市 下岸 桐子
  入選 柿の実は夕日に照りて珊瑚にも見えて暫しを心安らぐ 神奈川県横浜市青葉区 田村 かず子
  入選 入居した老人ホームで車椅子の師がつぶやきぬ「これは遠流だ」 兵庫県神戸市東灘区 山野 ひろら
  入選 君なしで生きてみたいと思うけどそんな君が好きだという君 神奈川県横浜市瀬谷区 小林 和歌子
  入選 潮風は島のなだりに吹き止みて馬の物はむ音が聞こゆる 兵庫県西宮市 澤瀉 和子
  入選 島国のわが故郷よ泣くときも笑うときにも海に抱かるる 山口県光市 蒲池 倫子
  入選 うすれゆく記憶のごとき昼月のかかれり明日は夫の職ひく 山口県光市 吉村 京子
  入選 夕焼の瀬戸の小島を縫ふやうにあの日の父の乗りし軍艦 愛知県名古屋市昭和区 清水 良郎
  入選 麗しき言葉の生まれ来る如く糠漬の茄子色深みたり 和歌山県和歌山市 松田 容典
  入選 売却を決めて立ち退くこの家に神棚ひとつ残りて静か 岐阜県飛騨市 江尻 恵子
  入選 海道でつなぐ若狭と隠岐の島八百杉植えし八百比丘尼 福井県小浜市 岡 正實
  入選 遠き旅娘と二人初めての車内から見る同じ景色を 東京都大田区 清水 春美
  佳作 風は初夏 仔に乳飲ます母馬の瞳に映る島の旅人 東京都足立区 鷺沼 あかね
  佳作 領海を護らんとして見廻りにたつ人かなし防人という 神奈川県横浜市旭区 綿貫 昭三
  佳作 定年後<農>にいそしむ里の甥新米一斗大根持ちくる 広島県大竹市 赤瀬 勝昭
  佳作 生きてあれば百歳にならるる父母の知らえぬ孫と今日も遊べり 三重県桑名市 田中 流石
  佳作 島へ着き下船を迷う我の背を何かヾ強く押す様な気がして 静岡県駿東郡長泉町 斧 誠
  佳作 満月が大海原にほどきたるプラチナ箔の輝える帯 東京都葛飾区 小林 容子
  佳作 摩天崖仰げば遠く島を去る鳥の群れ見ゆ夕焼の空 神奈川県横須賀市 望月 良一
  佳作 空と海さかい分かたぬ一面の闇に灯りの一つが見ゆる 愛知県知立市 鈴木 保江
  佳作 この浦に青海苔や牡蠣育てつつ援けあひつつ人ら生きをり 三重県志摩市 亥之生
  佳作 寝た海をみどりの色に光らせて喫水下げた烏賊船戻り来 神奈川県横浜市港南区 臼杵 禮太郎
  佳作 ここからは神の山とふ結界の柵秋雨に濡れてしづもる 島根県出雲市 花田 敦子
  佳作 「ないものはない」と掲げて隠岐海士町招き上手な島に魅かれぬ 島根県出雲市 径子
  佳作 秋潮のうねり大きく隠岐の海砕けし波の音の激しき 三重県津市 奥山 功
  佳作 峡の里の小学校の運動会綱引きの声が空から降り来る 大分県竹田市 佐藤 政俊
  佳作 インフルエンザの接種を終へて帰る暮れ冬鳥の啼く野辺に安らぐ 島根県出雲市 樋野 悦生
  佳作 挨拶の出征兵士のまなざしを今も偲べり島の港に 新潟県新潟市秋葉区 夏井 寛治
  佳作 久々にしまなみ海道突っ走り買い物に行く高知の朝市 広島県福山市 峠 美恵子
  佳作 干し柿の乾きぐあいを確かめてもうすぐきょうも終わろうとする 静岡県賀茂郡東伊豆町 冨岡 悦子
  佳作 草取る手しばし休めて腰をおろす畑に涼しひぐらしの声 岐阜県大垣市 井上 清一
  佳作 摩天崖みさくる海の大小の島の成因カルデラときく 秋田県由利本荘市 佐藤 和子
  佳作 夕の陽が蝋燭岩にのるを待つきらめく波に船と揺られて 静岡県静岡市清水区 小山 弘子
  佳作 からつぽの頭のなかに忘れ虫うまれてゆつくり増殖はじむ 広島県安芸高田市 小山 美惠子
  佳作 いくたりの還らぬ漁師ありしとぞ島の湾口の「春一番の塔」 福岡県宗像市 巻 桔梗
  佳作 荒磯の波のしぶきに見え隠れ青鳩しきりに海の水飲む 神奈川県鎌倉市 小原 裕光
  佳作 ブリ大根食卓にのせ夫を待つ湯気のむこうに秋の気配す 千葉県市川市 境 泰子
  佳作 臥す夫の胸に抱かす紅バラの金婚式てふ二人の儀式 山口県岩国市 正木 紀子
  佳作 小雨ふる九月の路上いのち綱みたいに犬の首輪が赤い 大阪府和泉市 小野田 裕
  佳作 ハーモニカでゆっくりと吹く島そだち黒潮黒髪あつき想いを 大阪府貝塚市 杉岡 洋子
  佳作 隠岐に来てゆうゆうバスの前通る素敵な牛と挨拶をする 群馬県北群馬郡吉岡町 宮﨑 はつ江
  佳作 目覚むれば夜来の雨はあがりゐて牡丹の茎の新芽かがやく 岡山県笠岡市 渡辺 田鶴子

◆短歌部門 青少年の部

永田 淳選 最優秀作品 髪切ればたった月日の長さだけ小さな黒い島が床にある 小澤 ゆりあ 山口県光市立光井中学校
優秀作品 両親とフェリーに乗って宮島に行けば鳥居がまず見えてくる 小田 悠平 山口県光市立光井中学校

 

 

 

 

戻る