お知らせ
2015.12.27
第9回島会議「離島の魅せ方・歩き方」

第9回島会議「離島の魅せ方・歩き方」

主催:一般社団法人 海士町観光協会
mice9

第9回島会議「離島の魅せ方・歩き方」

”情報発信”が重要だと言われています。テレビや雑誌の露出回数や、SNSでの波及効果に目がいきがちですが、それは目的ではなくて手段だったはず。そもそも発信したい魅力そのものが何なのか。何を伝えたいのか、伝えるべきなのか。そのメッセージそのものにもっと目を向けたいと思っています。私たち海士町観光協会では「離島キッチン」という、関東で営業する店舗を通じて、そこで発するべきメッセージに向き合ってきました。今回はその離島キッチン神楽坂店をデザインして頂いたデザイナーの鈴木氏と、その企画者である佐藤氏とのセッション、そして全国を旅してきた写真家、多賀谷氏によるトークをもとに、呑み語らいたいと思います。

佐藤 喬 (離島キッチン)

1
1976年、秋田県生まれ。2000年、早稲田大学大学院を中退後テレビ制作会社に入社し、広告制作会社勤務を経て、2009年、島根県隠岐郡海士町観光協会が公募した“行商人”に採用される。海士町のみならず全国の離島の名物料理を集め、キッチンカーで移動販売する「離島キッチン」を自ら企画し、同年10月から首都圏にて営業をスタート。2015年9月に神楽坂店を開業。

鈴木 恵千代 (乃村工藝社)

2
1956年生まれ。株式会社乃村工藝社入社後、エキシビジョン、企業PR施設、商業施設、ミュージアムなど広範囲にわたりデザインとアートディレクション及びプロデュースに携わり、テーマ性の強い作品を手掛ける。 ディスプレイデザイン賞最優秀賞・通商産業大臣賞・グッドデザイン賞金賞など 授賞歴多数。千葉大学デザイン工学部非常勤講師・日本空間デザイン協会理事を勤める。

多賀谷 真吾 (写真家・エッセイスト)

3
1970年、兵庫県生まれ。岩手の自然風景を愛する写真家&エッセイスト。山岳写真家、三浦敬三氏のすすめで写真撮影を開始。2007年から岩手県に住民票を移す。関西の大学で大学講師を勤めるかたわら、休日はチョークをカメラに持ち替えて日本全国を撮影で飛びまわる。これまでめぐった島で印象的なものは、天売島、焼尻島、金華山、舳倉島、神津島、八丈島、小豆島、宮島、隠岐島(島後)、対馬、甑島、南大東島、シエス島(スペイン)など。

【日時】

平成28年3月5日(土)
14:00〜18:00 島会議
18:30〜20:30 交流会
※当日は、13:30に菱浦港から会場行きの無料バスがご利用いただけます。

【プログラム】

14:00 挨拶
14:05 多賀谷真吾「離島の歩き方」
14:35 休憩
14:40 佐藤喬「離島の魅せ方(仕組みの視点)」
14:50 鈴木恵千代「離島の魅せ方(デザインの視点)」
15:00 佐藤喬 × 鈴木恵千代「離島の魅せ方(対談)」
15:20 休憩(分科会のため各会場へ移動)
15:40 分科会
①多賀谷真吾 × 木割大雄(俳人)「旅について」
②佐藤喬 × 青山富寿生(海士町役場)「仕組みについて」
③鈴木恵千代 × 太田章彦(写真家)「デザインについて」
17:10 休憩(ひとつの会場へ集合)
17:25 とりまとめ(多賀谷真吾×佐藤喬×鈴木恵千代)
17:55 終わりの挨拶

18:30 島の直会(交流会)

【料金】

島会議 3,000円
交流会 5,000円

【島会議とは?】

地方が注目されています。これからの地域社会のあり方・地域での働き方・暮らし方を、この島では島の外から来た方と島民とが、真剣に議論し続けてきました。この島の議論を「島会議」とよび、これからの地域のあり方、新たな生き方・学び方を島から全国へ発信していく場を創っていきたいと思います。

【お申し込みフォーム】

定員:50名
お申込期限:平成28年2月26日 (金)
※お申込期限を2月26日としておりますが、宿泊手配が出来る限りは直前までお申込を受け付けております。ご不明点やご不安な部分があればお気軽にお問い合わせください。

ƒ{ƒ^ƒ“_‚µž‚Ý

戻る