「料理通信」で島の名水が紹介されています

海士町の食材の源は、島内でいくつもの場所から湧き出てくる湧き水にあります。面白いことに、200メートルしか離れていない場所の湧き水でも味が違い、島食の寺子屋では色々な場所の湧き水を使って和食を学びます。小さな島ですが、多様な学びが詰まっています。

【料理通信 記事】http://r-tsushin.com/feature/sdgs/meisui_oki.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください