【レポート】”学びの島で学びを体験する”Life is Learning ツアー

2020年11月20日〜22日に海士町で開催された第1回 Life is Learningツアー。

「学びの島で学びを体験する」がコンセプトの、ちょっと(かなり!?)異色のツアーです。

そして、感染対策をしっかりしながらもマインドの“密”を追求した、私たち島ファクトリーの新たな試みでもあります

3日間の様子を、今回ご参加いただいたライター 笹原風花さんにレポートしていただきました!


1日目

高校の魅力化や地方創生で知られる海士町。

Life is Learningツアーなるものが開催されると聞き、なんだかわからんがおもしろそうと、軽い気持ちで参加を申し込みました。

ツアーの集合場所は、隠岐諸島へのフェリーが発着する本土・七類港。

参加者は各自で飛行機や電車を乗り継ぎ、ここまでやってきます。

「はじめまして。よろしくお願いします」

あれ、こういうときってどういう顔すればいいんだっけ?どういうテンションで話せばいいんだっけ…?

初対面の人と仕事以外のシーンで出会う。

しかも、3日間いっしょに旅をするなんて!

久しぶりの、いや、これまでの人生でもあったかなかったか…という経験。

参加者は11名。パッと見た感じ、年齢も雰囲気もさまざまです(ドキドキ)。

というわけで、旅は、よそいきの顔(かつ、マスク着用!)で始まりました。

大海原をフェリーに揺られること約3時間。

ついに海士町に到着です。

「ようこそ海士へござらした」の看板(しゃもじ型!)とともに、コーディネーターの大野佳祐さん、藤代圭一さんはじめ、ツアー関係者のみなさんが笑顔で迎えてくれました。

ランチに海士町名物の「寒シマメ漬け丼」をいただき(めちゃうま!)、さっそく海士町クイックツアーへ。

観光協会の藤尾さんにガイドしていただきながら、島の観光スポットを駆け足でめぐりました。

島の高校生のための公設塾・隠岐國学習センター

島で一番大きい北分大橋

トトロに出てきそうな宇受賀命(うずかみこと)神社

ハート岩がかわいい海士町の観光名所、明屋海岸

都を追われた後鳥羽上皇が晩年を過ごした隠岐神社

最後に向かったのは、海士町立図書館。ゆったりとお茶を飲みながら本を手に取れる、とっても素敵な場所です。

ここで、旅のチェックイン。

アイスブレイクに続き、大野さん、藤代さんによるレクチャーがあり、Life is Learningツアーのコンセプト、そして「学びとは何か」をみんなで共有しました。

Life is Learningは「自分がどうなりたいか」を探る旅であること。

「とはいえ…」「でも…」を超えて、本来の自分を取り戻す旅であること。

安心・安全な領域から不慣れな領域へと「越境」してはじめてわかることがあること。

実は領域の境界は曖昧で、二項対立ではなく「融合・循環」させることが大事だということ。

人が学びを得るサイクルには、Experience(経験)、Learning(学び)、Reflection(振り返り)に加え、「Unlearning(アンラーニング)」という設計しきれない領域があること。

そして、今回のツアーでは「Unlearning」を大切にしたいということ…。

……え?

私たちはこの島に何かを学びに来たはず…?

設計できないって、参加者に委ねられているって、どういうこと?

学べるか学べないかは、あなた次第ですよってこと?

もしや、「Unlearning」って何かよくわかってないのは私だけ?

モヤモヤモヤ……

続いて大野さんが投影したのが、「discover」の文字。

discover、発見する。dis-cover、カバーをとる。自身に覆い被さるものを、脱ぐ。

「みなさんも、3日間でカバーをディスしてください」(大野さん)

……え? カバーをディス?

「なぜか話しちゃたり、ポロッと本音が出ちゃったり。ついつい・うっかり…が多くなるツアーになればいいなと思います」(大野さん)

おお、なるほど。

「学ぶ=身につける」と思っていたけど、どうやらそうじゃないらしい。

いつの間にやらあれこれたくさん身につけて着膨れている状態から、1枚脱いでみる。

カバーをディスしてみる。

それが、意図せず起こるUnlearningにつながる…?

Unlearningって、抱えているものを手放してみるってこと?

ちょっとだけ、わかったような…気がしないでもない…。

最後に、3日間を通してのグランドルールを共有。

・肯定ファースト(beingは常に肯定しよう)

・Connect before Correct.(正すよりも前につながろう)

・Try to be honest.(ありのままに正直でいよう)

「他人だけじゃなく、自分を肯定してあげることも大事」という言葉が印象的でした。

夕闇が迫るなか、再び隠岐神社へ。

神主さんが「夜祈祷」をしてくださるのだそう。

ピンと張り詰める厳粛な雰囲気のなか、一人ひとりが神様との時間を過ごします。

それぞれが記した願いが納められたお守りを、神主さんにご祈祷していただきました。

無音の空間で目を閉じ無心でいると、心穏やかなのに研ぎ澄まされる感覚があり、神様は信じるものじゃなくて存在するものなんだと、ふと腹落ちしたのでした。

1日目の夜は、二手に分かれて民宿に宿泊。

おかみさんやご家族の温かいもてなしと海士町の海産物たっぷりのおいしい食事に、長い1日の疲れが癒されました。

参加者のことにも島のことにも、ちょっと触れられた1日目。

明日はどんな出会いが待っているんだろう。

自分が今、日常の領域外にいることに少し高揚しながら、眠りについたのでした。