島民にも観光客にも愛される海士町の絶品お食事処

海士町に来たらぜひ行って欲しい!!島民にも観光客にも人気な海士町のお食事処を紹介していきます!

島の和洋食屋さん「船渡来流亭」

まず一つ目は、港直結のレストラン「船渡来流(セントラル)亭」です。ここでは、島に来たら一度は食べたい、島の名物「寒シマメ漬丼」から島ではなかなか食べるところの少ない「ふわとろオムライス」や島の名産「こじょうゆ味噌」を洋食風にアレンジした「こじょチーズ焼きカレー」など多くの和洋食を楽しむことができ、島民にも観光客にも愛される島のレストランです!

A5ランク和牛「隠岐牛」を味わう「島生まれ島育ち隠岐牛店」

次に紹介するのは、「島生まれ島育ち隠岐牛店」です。ここでは、島で育てられたA5ランク和牛「隠岐牛」の焼肉を楽しむことができます。また、お昼時は個数限定で隠岐牛を使った絶品「隠岐牛丼」を食べることができます。ランチにもディナーにもどちらにもおすすめです!

海士町の名産「岩がき春香」を食べられる「八千代」

島の名産「岩がき春香」を味わうなら、ここ「八千代」がおすすめです!店主こだわりのお刺身や軍艦巻きを味わうことができます。他にも、島民からの人気が高い「ちゃんぽん」や「カツ丼」、「サラダ巻き」など多くのメニューが並んでいるので、色々食べてみるのも良いですね!

海士町で海鮮食べるなら「味蔵」

島で獲れる地魚を使った絶品海鮮丼が食べられるのが、ここ「味蔵」です。時期によって獲れる魚は異なりますが、味蔵では時期ごとに旬な魚を取り揃え、絶品海鮮丼にして提供してくれます。海士町で海鮮丼食べるならここしかない!

海士町で楽しむ本格イタリアン「Radice(ラディーチェ)」

島で本格イタリアンが楽しめてしまうなんてびっくり!ここ「Radice(ラディーチェ)」では、海士町で獲れた魚や野菜を使った、本格イタリアンのコースを楽しむことができます。ここで食べるイタリアンとワインの相性は抜群!海士町に来て、ちょっぴり優雅でちょっぴりリッチな夜を過ごすなら、ここ「Radice(ラディーチェ)」がおすすめ!

海士町の食材を存分に楽しめる「離島キッチン海士」

島で育った季節の野菜やお米、新鮮な魚介類、そしてブランド和牛の隠岐牛など、島の食材を十二分に楽しむことができるのが、「離島キッチン海士」になります。また、その食材の仕込みも全て海士町の天然の湧き水「天川の水」を使用しています!隠岐神社のすぐ近くにあり、特別参拝とセットになったツアーも用意されてます。ご利用は10名様以上での予約が必須となるので、注意が必要です。「離島キッチン海士」で海士の食と文化を一緒に感じてみるのもおすすめです!