教育 x 観光 クロストークから見える学びの本質 【後半】

【前半】はこちら

「魅力的で持続可能な学校と地域をつくる」

10年目を迎えた隠岐島前教育魅力化プロジェクト。

島根県隠岐郡海士町で、島と共に進化し続ける教育は島を訪れる全ての人へと繋がっていく。

観光や、地方創生の視察のみならず、島に興味のある誰もが学びを体験できるツアー

「Life is Learningツアー」が2020年3月に開催されます。

今回はこのツアーの発案者である大野さんと青山さん、そして学びのプログラムをコーディネートした藤代さんが、ツアーにかける想いや、発案のきっかけなど、 教育 x 観光 x 離島 の側面から対談。


スピーカー:

大野佳祐さん:島前高校魅力化プロジェクトコーディネーター、島前高校経営補佐官
藤代圭一さん:一般社団法人スポーツリレーションシップ協会理事、しつもんメンタルトレーナー
青山敦士さん :島根県隠岐島海士町「マリンポートホテル海士」代表

自分から問いが生まれた時に初めて学びが始まる

青山 ツアーをやるといつも提供する側と提供される側に分かれてしまうけど、 今回のツアーは多分そうでなくて、一緒に問いを出し合ったり 一緒に行ったり来たりすることが楽しいんじゃないかな、と思っているかな。

藤代 そういう意味でいくと、さっきの大野さんのお祭りの話みたいに これに参加すると決めてくれた日から始まって、それからずっと続いていくもの・・・みたいになったらいいですよね。

一同 うんうん、いいですねー!

大野 たしかにラーニングフェスタみたいにして、1年間の取り組みをみんなが発表する、 そこには中学生も高校生もいて、去年来た大人達が「自分にこんな変化がありました」 というふうに発表するのは結構面白そうだなと思うよね。

青山 それ面白そうだなー!

逆に、藤代さんはどの辺に面白さを感じていたり、あえて島でやる理由があるんですか?

藤代 僕は誰とやるかを重要視していて、どこというよりも人なんですよね。

おそらく大野さんと青山さんに魅力を感じて、ただその2人が海士に住んでいた、っていう感覚ですね。

もしかして2人が別の場所に住んでいても、一緒にやりたいなとは思っています。

ツアーでいうと、スタディーツアーってよくあるのは結構詰め込みのパターンが多いんですよね。

朝からスケジュールが決まってて、昼食をどこで食べるとか、全てデザインされていて外せないことが多くて。

日本人ってそういうふうに忙しくすることが好きだと思うんですけど、 本当にそれが学びかときかれると「インプットはした。でも本でも学べたことかもしれない」ということが結構あるかなと思っていて。

もちろん現地に行かないとわからないこともあるんですけど、 でも振り返る時間が全くないんですよね。

だから1日目終わって振り返りしたくても 「明日も早いしもう寝るか」と言うのが繰り返されて、いつの間にか終わっているという。

それがすごく嫌だなぁといつも思っていたんですよ。

自分でも企画をすることがあって、バリやドイツに行ったりもしたんですが そこは苦労する部分でもあったんですよね。

3泊4日の行程のなかであまりにもイベントが少ないと、参加者的には手抜きに見えてしまって(苦笑)

それをどのようにすれば参加者の人たちにも認知して理解してもらえるのか、というのがチャレンジだなと思っていて。

やっぱり「ここに来たらこんなことが得られます」「こんなことが学べます」って書いてあるとわかりやすいんですよね。

果たしてそれが本当に良いのかというと・・・資本主義の考え方ですよね。

もう少し中から起きる変化というのは僕自身も追求していきたいと思っていますし、 じゃないとここに来た意味がないと感じていて、こういったツアーなら一緒にやりたいなと思ってます。

青山 アンラーニングというのは、半年前は全く理解してなかったんだけど今、強烈に感じていて。笑

俺多分、半年前の自分だったらこのツアーに申し込んでないんですよね。

一方大野さんから、東京で藤代さんがアンラーニングのツアーをやっているから行った方が良いよと言われても 絶対に行かないんですよ。

内発的なアンラーニングが起きる瞬間て何なのかなって凄く不思議で。

自分や社員に必要だと思うけど、自然に内発的に出るものなのか、もしくは環境とかが影響を与えるものなのか、どう考えてますか?

藤代 僕が感じることとしては、外側に起こることって何かしらのメッセージを自分に教えてくれていると思ってるんですよ。

でもそのメッセージに気づこうとするか、メッセージを受け取るかどうか自分次第なんですよ。

受け取らなくても生きていけるじゃないですか。

東京に住んでいて、疑問を持たずに生きていける。

でも「本当に?」ときかれたらそのメッセージに気づく機会が生まれるというか 「何かがおかしいぞ」と思っても、気にしたら面倒臭いことあるじゃないですか。

大野 人生は学びなんだけど、インプットよりもアウトプットが大事なんだよね。

ちなみにうちの高校生が強いのは、問いかけられ続けているからで。

そこは自分自身が向き合わないといけなくて、言ったことに5回くらい突っ込まれると多分自分の生育環境まで遡って考えないといけなくなってくるんだよね。

そう言う時に俺は急所を笑顔でズブズブ刺しちゃうんだけど。笑

だからアンラーニングしようと思ってきてもアンラーニングできなくて 学びたい!と思ったままぶん投げられると、そこがスコーンと外れる可能性が高くて、 それは多分問いを立ててその人が初めて自分と向き合った時に 「どうしてそう思うの、なんでそう思うに至ったの、それの何が大事なの」ということに対して初めてアンラーニングが起きるんだけど、 アンラーニングの学びこそが本当の学びだと思っているんだよね。

多分経営の本とか基本的にはラーニングなんだけど、ラーニングしても根底が抜け落ちないといくら積んでも無理なんだよね。

実は寂しがっている自分とか、許せない怒りを持っている自分とかにちゃんと気づけないと いくら本を読んで積んでも、高いタワーを作っているけど地盤がぐちゃぐちゃだったりするんだよね。

自分への問い

藤代 今回大野さんとやろうというのが、こういう僕たちが作った質問を機に質問をするということに興味をもってもらって、 何回か慣れた後に、最後は自分で問いを持って帰ってもらおうということを考えたのはそこですね。

自分から問いが生まれた時に初めて学びが始まるというか。

誰かからもらった問いは、本当に自分のものではないというか。

でも生きてたらそんなことの繰り返しですよね。

それこそ、スポーツって基本的に他者の評価に応えるものじゃないですか。

スポーツをずっとやってきた人に「あなたはどうしたいの」と聞くと結構答えられないんですよ。

これはまさに人生に問いを持たずに生きてきたという証だと思うんですよね。

僕も最初はコーチングを受けても全然答えられなかったですね。

大野 俺も大学行った時にそう思ったな、メニュー無いんだ!って。笑

藤代 でもいろんな人と話すと「意外とそれ考えてなかったな」ってことがよくありますよね。

問いの作り方が違うというか。

大野 確かに今回「しつもんカード」を作ったときも、藤代さんの質問って包み込むように優しいんだよね。

俺の質問は刺してるような感じで。笑

藤代さんの質問は相手のことを肯定して信じきっている感じがあるんだけど、 俺はまだ疑っている状態での質問なんだよね。笑

藤代 今回の質問は感情にも目を向けようというのがあって、 いつも思考優位になりがちだから、如何しようも無い人間的な部分に問いを持って関わるという感じですね。

「最近どんな不安がありますか」って誰かからきかれても自分のアイデンティティーや相手との関係性によって答えにくいことあるじゃないですか。

でもカードだと、僕たちが聞いているわけではなくてカードが聞いてるから。笑

青山 カードって二人が参加者に出すんじゃなくて、参加者が自分でとるってこと・・?

大野 藤代 ちょっとやってみましょうか。

藤代 しつもんカードをここに置くので、そこからランダムに青山さんが自分で引いて、引いたカードに書かれている質問を私たちに共有してもらって、そして質問の答えを考えましょう

(青山カードを引く、書いてある質問を読み上げる)「あなたにとって居場所はどこですか」

青山 あ〜なるほど!!!全然2人から質問されている、というバイアスは無い!!!

大野 そうそうそう、でも俺が「青山さんにとって居場所ってどこなの?」って聞くと、どう?

青山 全然浮かぶ景色が違う!

大野 そうだよね。

でも俺たちから質問したわけじゃないから、見てるだけだから。笑

これ凄く面白いのは、俺が引いた質問をみんなに共有するとみんなもその答えを同時に考え出すんだよね。

青山 へぇーなるほどー!めっちゃ面白いこれ!!

大野 一対一で聞かれると、特に部下や上司だと答えにくでしょ?

でも一緒に引こうっていってカードを使うとバイアスがなくなるから。

例えば「あなたにとって失敗とはなんですか?」って上司が部下に聞かれたら 強くあらなければと思って「私にとって失敗とはありません」ってなりがちなんだよね。

知らない人同士だともっと良くて、知らない人だとあんまり深く問えないでしょ?

でもこのカードがあるといきなり厳しい質問ができるっていう。笑

藤代 一番最初にアイスブレイクの意味も込めて、フェリーの中で自己紹介兼ねてやってみましょうってなってるんですよね。

そう言う意味では、ツアーでデザインしきれない部分が自然なんですよね。

青山 あとカードも、自分でみて自分だけで考えて終わるとごまかすなぁって思った。

誰かに喋らないといけないとなると、誤魔化しきれないなぁって。

大野 そうそう、そうしていくうちに「なんでそれにそんなにこだわるんですか?何を恐れてるんですか?」って 仲間うちからつっこまれたり、夜の振り返りの時に深掘りする質問とかが出てくると凄くいいんだよね。

何か不安に思っていることってないんですか?ってきかれると今まで自分で意識してなかったけど 「もしかして、、あれ?」みたいに気づいてボコッと外れることもあるだろうし、 向き合いたくなかったことに向き合って、浄化されていくってこともあると思うんだよね。

青山 すでにLife is Learningツアーにモニター参加した気分だわ。笑

大野 意外とこれ、町内の人も混ざってやったらいいと思うんだよね。

みんなのことを知るいい機会だしね。

今回これやってみてどんな反応になるか全然わからなかったからね。

意外と50-60代の方にも興味持ってもらったんだよね。

青山 歳取るとその分アンラーニングしにくくなるし、 大半の人って今ある道を踏み外したいとも思ってないよね。

大野 そうそう、だって引退した後も「○○商事の○○です」って言っちゃうもんね。

その時の自分の肩書きも高圧的な態度も、あらなければならない姿っていうのも外せないから そういうのって大企業病だよね。

でもそういうのって、絶対に他人が外すことができないんだよね。

自分が気づいて自分から外さないといけないし。

絶対に親子関係が理由の人がいて、親と話してこいって言っても絶対に行かないもんね。

本当はあの時、両親に認めて欲しかったとか褒められたかったとか、 そういうのがずーっと根底にあったりするんだよね。

青山 俺一時期、鎧を被ってた時期があって「ワー!」って戦闘態勢でいろいろやってたんだけど、 一通りほとぼりがさめて、その鎧を脱いだときに「そもそも何をやるんだっけ?」ってなって、 また鎧きた方がいいんじゃ無いか?って思っちゃったりした時があって。

その時に(海士町にある会社の)風と土との阿部さんに強引に連れてかれて、ずっと話をきいてくれて、 とりあえず一旦焦らないでいいし、鎧わ着ないでいいぞって言ってもらったから自分を保てたんだよね。

藤代 そうそう、着るのが必要なこともあるんですよね。

プレゼンする時に着てないとグダグダになっちゃうし。笑

そう思うと、着ることもできるし着なくいこともできるって選択できるといいですよね。

一同 みんなそういう風になれるように目指していきたいですね。

〜トーク終了〜


Life is learningツアーについて

隠岐島前教育魅力化プロジェクトと海士町観光協会が協力し、大人がたっぷり学べる3日間のツアーを作りました。

トーク中の「しつもんカード」を実際に利用し、ここ海士町で、大野さん、藤代さん、青山さんに加え、海士に住む町民、そして参加者同士の交流を得ながら自分自身への問いを見つける二泊三日の旅に出ませんか?

学びとはなにか?教育とはなにか?といった学びの本質を大人がたっぷり学べる三日間。

プログラムの内容(一部)
・島前高校生たちが隠岐國学習センターで将来について真剣に向き合う「夢ゼミ」の受講

・島に魅了され島での暮らしを選んだ移住者との対話

・島の一番の魅力である島の人との触れ合い。

<こんなあなたをお待ちしております>
・まだ海士町に訪れたことがない人。
・せっかく行くなら島について学び、持ち帰りたい人。
・どんな関わりが出来るかわからないけど、自分も飛び込んでみたい人。
・教育の仕事に興味がある人。
・自分らしく生きたい人。

老若男女どなたでもご予約いただけます。

ツアーの詳細

日程:2020年3月20日〜22日の3日間

ツアーの予約、詳細はこちらから

最新の記事