海士の魅力たっぷり〜「島宿」って、どんな宿?〜

海士町のホテルや民宿・旅館を合わせるとおよそ12箇所。

その中でも、海士町観光協会とタイアップしている「島宿」と呼ばれる4つの民宿・旅館があります。

今回は「島宿」についての詳しい説明と、4つのお宿それぞれの魅力をご紹介します!


島宿ってなに?

島宿は海士町観光協会とタイアップしているお宿で、海士町観光協会を通してご予約いただくと、チェックインとチェックアウト時の港⇔宿間の送迎がつきます。

タイアップしている3つのお宿はそれぞれにまったく異なる特色があり、お客様のニーズに合わせてお宿をお選びいただけます。

まるで実家に帰ってきたかのようなアットホーム感のある「和泉荘」

和泉荘は海の目の前に位置し、無人島「松島」が目前に広がります。

観光名所である「明屋海岸」まで徒歩10分と好立地。

お泊りになる方の中には夕暮れ時や、早朝にこの明屋海岸まで散歩する方も。

写真が趣味の方には、自然に囲まれたこのお宿はぴったり。

時間と共に表情を変えるその一瞬を、ぜひ捉えてみてください。

また、島好き、旅好きのカップルの皆さんには、和泉荘を拠点にした島内散策がおすすめ。

ゴールはもちろん、ハート岩のある明屋海岸。

自給自足、おいしい食材が自慢の「但馬屋」

但馬屋の一番の魅力は、おいしくて安心安全、鮮度抜群のお食事。

魚、卵、米、野菜など、夕食・朝食で出てくる食材は但馬屋さんが自給自足したもの。

朝は獲りたての卵を食べられるだけでなく、目覚まし代わりのコケコッコーを聞くことも。

また、一番おすすめしたいのが、歌と踊りが得意な女将さんの夕食時の民謡。

隠岐・海士に伝わる伝統的な文化に触れることができると、お喜びの声が続々届いている。

島に住んでいるかのような過ごし方ができる但馬屋で、のんびりゆったり過ごしてみてはいかが。

・旅好き、音楽好きの集まる楽しい宿「お泊まり処なかむら」

若いご主人と女将で営んでいるこちらの旅館。

隠岐神社まで徒歩10分と観光にぴったり。

また、気さくなスタッフさんばかりで、島でのコミュニケーションを楽しみにしている方にも非常におすすめの宿。

実は宿併設の居酒屋「紺屋」にはライブハウスの機能があり、有名アーティストを呼んでの音楽ライブが開催されることも。

観光のお客様から、地元民まで集まる他にはないお宿となっており、皆でワイワイにぎやかに過ごすのがお好きな方にもおすすめです。

数多く取り揃えられた日本酒も人気で、お気に入りのお酒を飲みながらのライブ鑑賞はこの上ない至福の時間です。

2017年、2018年にはBooking.comの口コミアワード賞を取るほどの人気ぶり。

お食事も大変美味しく、地元食材を使った昔懐かしい味付けのメニューはもちろん、オリジナルにアレンジされたお料理は若者でも食べやすく、親しみやすいものばかり。

冬季限定のランチも絶品で、特にこだわりのとんこつラーメンは、人気すぎて店主も困るほどだそう。

ちなみに、店主の開設したyoutubeチャンネルがこちら

釣りや、ライブの映像、店主のオリジナルショートアニメ等、「なかむら旅館」の雰囲気が一発でおわかりいただけるかと思います。

気になる方はぜひ、チャンネル登録を。


いかがだったでしょうか?

それぞれに違った魅力のある島宿。

お好みに合わせてお宿をお選びくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。